MENU

ストレスが多いと顔がピリピリ痛くなる原因になる?

顔がピリピリする原因の全てがストレスという訳ではありませんが、ストレスにより自律神経が乱れると肌が乾燥しやすくなりピリピリする、かゆみが出るといったことが起こる場合があります。

 

またストレスにより肌トラブルの原因となる便秘や睡眠不足、冷えなども起こりやすくなるということがあります。

 

ストレスは人間関係などの悩みがあってそれがストレスになっている分かりやすい場合がある一方で、気温の変化や環境の良い職場への転職など一見すると特に問題がないようなこともストレスとなる場合があります。

 

そこでここでは何がストレスになっているかの手がかりにするためにどのようなことがストレスとなりうるのかについてまず紹介します。
この他にも人間関係においてストレスをためない方法、ストレス解消のための発散型解消法と沈静型解消法についても紹介します。

 

どのようなことがストレスとなりうるのか

ストレスといえば人間関係が大きく占めるものとなりますが、これ以外にも様々なことがストレスとなり得ます。
人間関係以外でストレスの原因となる日常に起こりやすいおおまかな項目を挙げると以下のようになります。

  1. 暑さや寒さ、気圧の変化など気候によるもの
  2. 転職や引っ越しといった環境の変化によるもの
  3. 失業や金銭にまつわる不安など経済的な悩み
  4. 工事の騒音やゴミの嫌なにおいなどの不快な音や臭気
  5. 細菌やウイルスによる自律神経の乱れ

 

人間関係においてストレスをため込まないようにするには

ストレスが多いと肌が敏感になりがちですが、ため込まないようにすることである程度は減らせるようになります。
人間関係は複雑で問題解決というと別のアプローチが必要になりますが、ストレスをため込まない、抱え込まないためには以下の様な心構えも大切です。

 

  1. 無理に相手に合わせていい人を演じようとしない
  2. 大らかでいることを心がけ、ゆとりある生活を送る
  3. 仕事やプライベートでスケジュールを詰め込み過ぎない
  4. 1日のうちにぼんやりする時間も取り入れるようにする
  5. お酒やタバコに頼り過ぎないようにする

 

忙しいと言われる現代社会ですが、このようにゆったりと余裕のある生活の良さを見直すことで人間関係のストレスをため込みにくくなります。

 

発散型と沈静型のストレス解消法とは

ストレス解消には気分転換が必要ですが、ここでは気持ちを弾けさせる発散型とゆったりとした気分になる沈静型の解消法について紹介します。
発散型ストレス解消法とは気持ちをパーッと弾けさせてストレスを解消するもので以下の様なことが挙げられます。

 

  1. 運動をして思い切り体を動かす
  2. カラオケやライブ、絶叫マシンなどで大声を出す
  3. 仲の良い人達と集まって皆で盛り上がる

 

一方の沈静型は気持ちをゆったりとさせてストレスを和らげるもので以下の様なことが挙げられます。

 

  1. 一人でアロマの香りや音楽を楽しみながらゆったりと過ごす
  2. 軽いストレッチをする
  3. 瞑想やお習字などで気持ちを落ち着かせる

 

この他にも自分の好きなことをリスト化し、気分が落ち込んだ時にそれを取り出すという方法もあります。

 

この記事についてのまとめ

ストレスのサインはイライラする、集中力がない、眠れない、疲れが抜けないといった状態が続いていることです。
これらを感じていればストレスが知らない内にたまっている可能性があり、解消するためには自分の生活を振り返る必要があります。