MENU

顔半分がピリピリ痺れる!これは病気?肌トラブル?

顔のピリピリ痺れ

 

顔半分、しかもピリピリ痛いというよりは「痺れる」という感覚だとしたら・・・
肌トラブルよりも病気の可能性を疑ったほうが良いでしょう。

 

敏感肌や乾燥肌が原因の顔のピリピリには肌の表面部分の痛みはありますが、痺れはないはずだからです。

 

顔の痺れという形で現れる病気はいくつかあるようでしたので
どんな病気の可能性があるのか?を調査してみました。

 

顔半分がピリピリ痺れる場合はどんな病気の可能性がある?

  • 三叉神経痛
  • 肋間神経痛
  • 脳梗塞
  • アロディニア
  • 眼窩下神経の障害
  • 帯状疱疹(この場合は発疹が出る)
  • 顔面麻痺

 

顔がピリピリ痺れる場合は、このような病気の可能性があるようです。

 

たいていは「気にするほどのことでもない病気だった!」ということが多いようですが、中には脳梗塞だったという事例もあるので要注意です。
この場合は顔の痺れをMRI検査で調べた結果判明したということです。

 

ピリピリ痺れが起こる場所によって、どの病気であるかを判断する基準となるかと思いますが、顔の痺れというサインが出ているので、できればすぐに病院で診察を受けるほうが良いでしょう。
病院はまずは街のお医者さんに診てもらい、ここで解決できないようであれば大きな病院で検査という流れです。
このときは神経外科もしくは内科で診察してもらうのがセオリーのようです。

 

敏感肌や乾燥肌といった肌トラブルが原因の顔のピリピリであれば、乾燥肌や敏感肌のスキンケアで解決することができます。
この場合は当サイトの情報を参考にしてください。

 

顔ピリピリピリピリ肌を改善する3つの秘訣って?