MENU

汗をかいて顔がピリピリ痛い場合はどうすればいい?

汗をかくと顔がピリピリするのは汗によって肌のうるおい成分が流れ出てしまって肌の乾燥が進んでいることが考えられます。

 

このためここでは夏場に肌が乾燥する原因と汗が多い時のスキンケア、肌の内側からアプローチするセラミドサプリについて説明します。

 

夏場に肌が乾燥する原因とは?

夏には汗や皮脂の量が増えるものの肌が乾燥しやすくなる原因がいくつかあり、主なものを挙げると以下のようになります。

  1. 汗の量が増えることで肌にある皮脂やセラミドが流れ出やすくなる
  2. 紫外線を浴びることで肌の水分が蒸発し乾燥しやすくなる
  3. エアコンによる空気の乾燥
  4. 汗やベタつきを落とそうと顔を洗いすぎてしまう
  5. 乾いたタオルで顔の汗を強く拭き取る
  6. 肌がべたつくからと化粧水だけでスキンケアを済ませる

 

夏場の汗が多い時のスキンケアとは

汗をかくと顔かピリピリするからといって乾いたタオルでこするように汗を拭き取ると肌への刺激となる他、更に汗が出やすくなる原因となります。
汗はもともと体を冷ますために出るものであるため、きれいに拭きとってしまうと体を冷やそうと更に汗が多くなり、顔のピリピリもひどくなります。

 

このため汗を拭く時には濡れたタオルで拭くことにより適度な水分が肌に残る他、肌への刺激も和らぎます。

 

また多量の汗により肌がベタつくからと化粧水だけでスキンケアを済ませてしまうと肌にうるおいが閉じ込められないばかりか化粧水が蒸発する時に肌の水分も奪われてさらなる乾燥につながります。

 

このためベタつきが気になる場合には化粧水の後に油分が少なめの乳液を付けてケアするようにします。
この他にも洗顔は朝晩2回にとどめる、UVケアをする、オフィスなどエアコンのついている部屋に長時間いる時にはセラミドやヒアルロン酸などの保湿美容液を軽く押さえるようになじませることでメイクを崩さず保湿できます。

 

肌の内側からアプローチするセラミドサプリとは

セラミドを肌に効率よく補うにはヒト型セラミド配合化粧品を付けることが最適です。
しかしながら、直接肌につけて補うと汗が多い場合には流れ落ちてしまう場合があります。

 

こういった時に肌の内側からセラミドを補えるのがセラミドサプリで、化粧品のような即効性はないもののすぐに汗で流れ落ちてしまわない他、肌全体のセラミド量が増えることにもつながります。

 

またセラミドサプリをとり続けることで肌のうるおいが保たれるようになり、乾燥により顔がピリピリしにくくなります。

 

この記事についてのまとめ

夏の暑さ以外にもストレスにより自律神経が乱れることで汗をきやすくなります。
このため汗によって顔がピリピリする場合には適切にストレスを解消することで発汗を調節する機能が整い、汗が多くなるのを防げるようになります。