MENU

風邪を引いたら肌がピリピリ痛い!これはナゼ?

肌が乾燥して抵抗力が弱くなっている所に風邪をはじめとした体調不良や月経前後、季節の変わり目などが重なると敏感肌になりやすいため、ピリピリとした痛みを感じることがあります。

 

こういった場合には睡眠を十分にとって休息し、たっぷりと保湿することが大切です。

 

このためここでは風邪とそれによる敏感肌にならないために普段の生活で心がけたいこと、風邪を引いて敏感肌になった時の保湿法と敏感肌が気になる時に適した飲み物について紹介します。

 

風邪を引いて敏感肌にならないために普段の生活で心がけたいこと

風邪を引いて肌がピリピリした場合には風邪を治し、肌のターンオーバーが正常化しバリア機能が回復するよう十分な休息と睡眠をとります。
また普段の生活においてはストレスをため込まないよう日頃から発散するよう心がけることも大切です。

 

更に風邪予防に加え月経前の敏感肌を防ぐには体を冷やさないようにし、夏でも冷たい飲み物を飲み過ぎないようにする、ストレッチにより普段から筋肉を動かすようにして血流が滞らないようにします。

 

この他にもスケジュールに空きがあればすぐにそこを埋めてしまおうとせず、余裕のある生活を送ることも大切です。

 

風邪を引いて肌が敏感になった時の保湿法とは

風邪などにより突然敏感肌になった時のためにこれだけはかぶれないという化粧水や乳液、クリームがあると安心です。

 

また肌のピリピリが気になる場合には化粧水でしみるのを防ぐため、クリームのみでケアするようにします。

 

この他にもオールインワンゲルは時間を節約したい人向けのアイテムとして知られていますが、入院など病気療養中の人も愛用しているため、体調がすぐれない時にはこれの敏感肌用を用いるという方法もあります。

 

風邪を引いて敏感肌が気になる時に適した飲み物とは

冷たい飲み物は体の冷えにつながるため肌と体の健康のためには普段から温かい飲み物を飲むようにします。
特に肌の健康と風邪予防に良いお茶として以下のものが挙げられます。

 

ローズヒップティー

風邪を引いた時や美肌に良いとされるビタミンCが豊富です。

 

はと麦茶

はと麦には肌をうるおし免疫力を高める効能があります。

 

エキナセア茶

細菌やウイルスを抑え、免疫力を高める作用が期待できます。

 

エルダーフラワー茶

ビタミンCが豊富で発汗作用があることに加え、風邪や不眠症を緩和します。

 

この記事のまとめ

普段から十分な保湿を心がけ肌の乾燥を防ぐことに加え、風邪を引かないよう十分な睡眠と無理をしない生活を送ることで、風邪による肌のピリピリを防ぐことにつながります。