MENU

ビタミンC誘導体化粧品を使うと肌がヒリヒリする?

様々な美容に良い効能が知られているビタミンC誘導体の効能の一つに皮脂を抑える作用があります。
この作用により過剰な皮脂やニキビを防ぐ事ができる一方で、肌が敏感になっていて元々皮脂が少ない場合には刺激となりヒリヒリする場合があります。

 

敏感肌の場合にはビタミンC誘導体は避けた方が無難ですが、ここでは敏感肌が気になるけれどビタミンC誘導体化粧品を使うにはどうすれば良いのかという事についてまず紹介します。

 

これに加えてビタミンC誘導体の効能には何があるのかと、良いビタミンC誘導体化粧品の見分け方について説明します。

 

敏感肌でもビタミンC誘導体を使いたい場合には?

敏感肌は天然保湿因子、セラミド、皮脂共に不足しているため皮脂を抑えるビタミンC誘導体は肌に刺激となってしまう場合があります。
このため敏感肌向けのビタミンC誘導体化粧品を選んで使用し、その後必ず乳液やクリームで保湿するよう心がけます。

 

また敏感肌で刺激が気になる場合には必ずパッチテストをして自分に合うかを確認してからビタミンC誘導体化粧品を使います。
この他ビタミンC誘導体配合と明記されている敏感肌向け化粧品が見つからない場合には、敏感肌向け美白化粧品に美白成分としてビタミンC誘導体が配合されている場合があるためそれを探すという方法もあります。

 

ビタミンC誘導体の効能には何があるのか

美容に良いとされるビタミンC誘導体の効能について改めて述べると以下のようになります。

  1. コラーゲンを増やす作用があるため老化による小じわやたるみ毛穴、たるみによる目元のくま予防につながる
  2. 皮脂を抑える作用があるため毛穴の開きやニキビ予防に役立つ
  3. チロシナーゼ活性を阻害しメラニンを作る働きが抑えられる事でシミを防ぐ
  4. 抗酸化作用があり肌の老化を遅らせる

 

良いビタミンC誘導体化粧品の選び方とは

ビタミンC誘導体にはいくつか種類があり、そのうちAPPSとも呼ばれる高浸透型ビタミンCは従来の物よりも100倍もの浸透力があります。
選び方としてはパッケージにAPPSと表示されている化粧品や、パルチミン酸アスコルビル酸3Naというように全成分にて表示されている物を選びます。

 

一方でアスコルビン酸グルコシドもビタミンC誘導体ではあるもののこれは実験においてネズミの皮膚でビタミンCに変化するもののヒトではビタミンCに変化しません。

 

このためこれは熱に強いため安価で配合できるものの効能は期待できない物となります。
この他有効なビタミンC誘導体にはアスコルビン酸リン酸エステルやイソパルミチン酸アスコルビルなどが挙げられます。

 

この記事についてのまとめ

様々な美肌によい効能のあるビタミンC誘導体ですが、敏感肌の場合には避けた方が良い他、どうしても使うのであればメインの成分ではない配合量が少なめの物を選ぶようにしましょう!